この女性は浪費癖があるので残念だけど結婚をすると生活苦になるな

一生懸命婚活をしているのにも関わらずに中々良い人との出会いが無かったり、特定の人ができたのにも関わらずに結婚の手前まで行ったのにも関わらず、婚約まで至らなかったと言う方の場合には根本的な考え方として『結婚に対する覚悟』が足りない可能性があります。
これはいくら良い洋服を着飾って婚活パーティーに参加をしてみたり見た目が美男美人だからとかそう言う事ではなく、結婚に対する気持ちの問題になりますので、皆さまとお話をしている時に「あ、この人は少し違うな」と思ったら見た目がどんなに素晴らしい女性でもぎりぎりの所で引かれてしまうかも知れません。
具体的にどの様なことなのかと言いますと良くありがちなのがマザコン基質のある男性は結婚をしたらまず第一に奥さまやお子様のことを考えなければならないのですが、良いと思った男性と話をしている時にやたら実家のことばかりを話していたり、女性側に同居の希望がないのに強く男性側のご両親との同居を望んでいる場合には男性側に結婚に対する覚悟があまりないと考えても良いでしょう。
また女性側に対しても決まった男性との婚活中にも関わらず、遊びだからと言って合コンに行ったり洋服やバックを買いあさって金銭感覚が麻痺している場合には男性からすると「この女性は浪費癖があるので残念だけど結婚をすると生活苦になるな」と感じてしまう場合があります。
この様に色々な理由によって結婚に対する意識や覚悟がないと相手に不信感を与えてしまう場合があります。ですのでもしも相手から指摘を受けた場合にその相手と結婚をしたいと考えているのであれば心を改めて今の生活習慣を改善されることをお勧め致します。特に結婚に対して理想像を抱くことは良い事なのですが実際の所は最初のうちは共働きで大きな家にも住めないかも知れません。しかしその分大好きなパートナーと結ばれて毎日一緒に暮らせると言う喜びを味わうことの方が結婚に対する覚悟を決めたご褒美とも言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です